配送先のルートを覚えればスムーズに業務を進めることができる

ルート配送の仕事は、基本的に自分だけで仕事ができ人間関係の煩わしさが無いことから、チームワークが苦手な人も無理なく業務をこなすことが可能です。また、勤め先の事業方針や顧客の数によりますが、日々決まった配送先のルートを任されることが多いため、一通りのルートを覚えるだけでスムーズに仕事をこなすことができます。最近では、パートやアルバイト、契約社員など、正社員以外のルート配送の求人を募集する会社も増えており、育児をしている人や時間に余裕がある学生も働きやすくなっています。なお、転勤や配属先の異動がない職場であれば、長期にわたって同じルートを担当することができるため、固定の顧客と良好な関係を築けるといったメリットもあります。

大型や中型の免許が無くても問題なく採用してくれる会社が多い

ルート配送の仕事は、小型トラックやミニバンなどの車両を使うことが多く、大型や中型の免許が無い人も問題なく採用されやすいといった特色があります。また、会社によって、配置転換などで中型や大型のトラックの運転が必要となった場合には、教習費用や教習中の手当の支給などサポートしてくれることがあり、安心して同じ会社で働き続けることもできます。ルート配送の仕事がメインの大手の宅配会社の中には、一人ひとりのドライバーの年齢や運転免許の保有状況、過去の業務経験などに応じて、仕事上のフォローを行っているところも珍しくありません。そこで、順調にルート配送の仕事のキャリアを積みたい人は、求職中に将来性のある会社を見つけることが肝心です。

最近のドライバーの募集内容は、荷物の配達に関するものが多いです。これは、インターネット通信販売の需要が増加しているためです。