女性ドライバーの働きやすい環境が整っている会社を見つけよう

女性のドライバーの割合は年々増加傾向にあり、大手をはじめとして結婚や出産をした後も長く働けるよう環境づくりをしている会社も多く見られます。たとえば、雇用形態に関係なく女性ドライバーが産休や育休を取得できるところや、時短勤務を選択できるところは、若年層の女性の求職者を中心に人気が集まっています。最近では、長時間働く女性ドライバーのために営業所に託児スペースを設けたり、家族で入居ができる寮を整備したりする会社も増えています。そうした中、働きやすさにこだわって就職先を選ぶうえで、女性ドライバーが活躍している運送会社の就職説明会に足を運んだり、同性のドライバーに仕事のやりがいについて教えてもらったりするのも良いでしょう。

人事異動や他の地域への転勤が無い運送会社は女性に選ばれている

人事異動や他の地域への転勤が無い運送会社は、仕事と子育ての両立を図りやすいことや、職場が変わるストレスが無いことから、運送業界に関心がある女性に広く選ばれています。業界大手の運送会社の中には、エリア限定ドライバーの募集をしているところもあり、全国転勤の可能性があるドライバーと比べて年収は低くなりやすいものの、地元の周辺で働きたい人から注目が集まっています。また、女性に人気の運送会社の取り組みについては、女性向けの求人情報サイトや求人誌などに度々取り上げられることがあります。そこで、志望企業を決めるうえで、余裕を持って自分と同じ世代の女性ドライバーが在籍している会社の特徴についてリサーチをすることが大事です。

運転手の求人で役員付の運転手の場合、目上の人に対するマナーや敬語を正しく使えるかを問われることがあります。