運転技術だけでなく接遇マナーに長けた人は各地で重宝されている

タクシードライバーの仕事は、乗客を目的地まで安全に送り届けるのはもちろん、再び気持ちよくタクシーを利用してもらえるよう、接遇マナーに長けた人が重宝される傾向があります。タクシードライバーに求められるスキルや経験は会社ごとに異なりますが、長くドライバーとして働きたい人は、早い時期から身近なところにあるタクシー会社の事情を把握するのがおすすめです。最近では、二種免許を保有しているものの、タクシーの乗務経験が無い人を対象に、入社後に運転技術や接遇マナーの研修を行っている会社も少なくありません。そのため、自信を持って乗務に取り組みたい人は、時間を掛けて各社の教育制度について理解を深めることが大事です。

乗務経験が豊富な人は業界内で高待遇で働き続けることも可能

乗務経験が豊富なタクシードライバーは、大手から中小まで多くのタクシー会社の間で引く手あまたの状況となっており、業界内で高待遇で働き続けることが可能です。たとえば、業界大手の企業で長年にわたりドライバーとして活躍した人や、運行管理者などの資格や経験を持つ人は、転職後に収入がアップしたり、重要なポストを任されたりするケースもあります。そこで、タクシードライバーとして順調にキャリアを積みたい人は、一人ひとりのドライバーのキャリア支援の制度が整っている会社を就職先に選ぶことが大切です。なお、将来的にキャリアを生かして個人タクシーとして独立をしたい場合には、独立支援に力を入れている会社を探すのも良いでしょう。

昨今の運送業の求人傾向ですが、2020~2021年にかけてデリバリー需要(特にネット通販・フードデリバリー関連)が大幅に増えている為、それに呼応するように運送・ドライバー関連の求人案件数も増加傾向にあります。