なくてはならない仕事

トラックドライバーは、「日常生活を営む上で欠かせない仕事に従事している人」を指す、エッセンシャルワーカーに指定されています。全国各地へ生活必需品を送り届けるため、日常生活を送るためになくてはならない存在なのです。運転だけではなく、集荷や荷下ろし、荷積み、伝票作成や梱包など、配送にかかわる一連の業務を行います。業種により異なりますが、宅配や引っ越しなども行うことがあります。

また、業種によって求められるスキルや資格が異なります。灯油やガソリンなどを配送することが多い業界であれば、「危険物取扱者」の資格が必要などです。資格の保有によって仕事の幅が広がるため、収入アップに繋がりやすいのがトラックドライバーの大きな特徴でもあります。

大変だけど稼げる!?

昼夜問わず、トラックを走らせる仕事は決して楽ではありません。力仕事もある上に、スケジュール管理能力も必須です。しかしトラックドライバーは人気の職種でもあるのです。トラックドライバーを長く続けるポイントとして、重要なのは「車や運転が好き」ということ。当たり前のようですが、この前提がなければ続けることはできないでしょう。長い時間、車を運転することになるからです。また、一人で運転する時間が長いため、一人で過ごすことが好きという人におすすめです。

さらに、近年ではドライバー不足解消を目指して、従業員の待遇改善に取り組んでいる会社が多いといわれています。休憩や休日の確保、昇給や賞与などの待遇が格段に良くなっています。収入アップを目指している人にはピッタリといえるかもしれません。

ドライバーの派遣の待遇は勤務先によりますが、役員運転手の経験が豊富な人や、二種免許がある人は高収入を稼ぐこともできます。